看護師 日勤常勤

循環器病棟はこんなところです!

私は、大学病院の循環器病棟で働いていますが、急変や緊急手術など、厳しい面がとても多い職場です。

 

循環器病棟というのは、狭心症や心筋梗塞、不整脈などの方が対象の病棟です。

 

循環器なので、心臓に直結している疾患ばかりで、命に直結するような症状や治療が多いのも特徴です。

 

常に、スタッフが、バタバタしている職場でもあります。

 

同期や先輩の中には、身内の病気がきっかけで循環器病棟を希望する方も多いようです。

 

循環器病棟では、心電図を読むのは基本です。

 

心臓の成り立ちなども、良く勉強しておく必要があります。

 

心電図がより正確に読む事ができれば、患者さんの状態がわかり、異常の早期発見にも繋がります。

 

患者さんの状態が詳しくわかることによって、必要な治療や、内服などがわかってくるので、仕事がとてもおもしろく、やりがいが出ます。

 

循環器病棟のような急性期は、ハードな業務なので、バタバタした雰囲気があります。

 

そのせいか、先輩もキツイ人が多く、ピリピリしています。

 

しかし、循環器はいろいろな疾患に繋がる部分が大きい科なので、経験すると仕事の面白さがわかります。

 

私は、最初は大変でしたが、仕事に少しずつ慣れてきたお陰で、やりがいを感じるようになりました。

 

同期と助け合いながら、頑張っています!