看護師 日勤常勤

生死に関係する仕事から離れたいと思った事はありますか?ステルベンが続くと、看護師を続けるのが辛くなる時ってありますよね?

看護師の仕事は、人の生死に関わる仕事ですよね。

 

それは、学生時代から理解出来ていたつもりでした。

 

しかし、実際に看護師になってみて、人の死に立ち会うことが、これほどまでに精神的に重くのしかかるとは…( ;´Д`)

 

看護師になって初めて、目の前で人が死にゆく様を目の当たりにしました。

 

命の灯火か消える瞬間。

 

それはあっけなくもあり、ものすごいことが目の前で起きている…という衝撃すらありました(。-_-。)

 

自分が今まで関わってきた患者さんが、体から魂が抜けて行く瞬間というのは、なんとも不思議で、その息を引き取る前と息を引き取った後では、なんの違いもないように見えるのです。

 

しかし、そのご遺体となった体にエンゼルケアを行わなくてはならないですよね。

 

それがまた辛いんです>_<

 

今にも動き出しそうな体に、エンゼルケアを行うことが当たり前に思えなくて辛かったんですよね。

 

しかも、自分の中でそんな思いが消化出来ないままに、次から次へとステルベンに立ち会わなくてはなりません。

 

急性期病棟は、毎日のように亡くなる患者さんがいました。

 

たとえさっきまで元気であった患者さんでも、次の瞬間は何がおこるかわからない…(・_・;

 

退院を心待ちにしていた家族の中には、医療者の落ち度を疑い、責めてくる家族もいます。

 

何の落ち度がなくても、そんな家族の痛いほどの冷たい視線に耐えられない時もあります。

 

患者さんが元気に退院してくれることを願い、医療従事者は精一杯尽くしているつもりなんですけどね…( ;´Д`)

 

そんな思いが届かない時は悲しくもなります。

 

人の生死に関わる看護師の仕事ってやはり簡単ではありませんね。

 

そんな日々に疲れ、看護師という職業を選んでしまった自分に後悔することもありました。

 

しかし、今はそのくらいのことに動じていては、看護師なんてやってられない!という肝っ玉が出来てきましたね。

 

人の死に関わる仕事は辛いこともあるけど、誰かがやらなくてはならないことです。

 

人は必ずいつか最後の時がくるのですからね(u_u)

 

私たち看護師は、そのいつ来るか分からない最後がいつ来てもいいように、精一杯患者さんのために看護を提供することが大切なんです。

 

悩む暇があったら、患者さんのために今出来ることは何か考えよう!

 

そう言い聞かせて働いていますよd(^_^o)